JOURNAL / #ウェディング

How to choose your Wedding Dress

結婚式のドレスの選び方って、何が一番大切か?

渾身の一枚を選ぶのに、Wedding planner , Dress coordinator 、Dress designer の方々が、親身になってご新婦様と考えてくれますが、もちろん、ご新婦様のお母様、とご新婦様。それから、なんと言っても、御新郎、ご新婦様お二人で、記念の一枚をお選びになる。

それもとても、ロマンチックなドレス選びの方法です。

私は、フラワーコーディネーターですが、Weddingのお仕事をさせていただいて、

20年を超えてしまったので、面白い視点からアドバイスできるかな?と思って、こちらの記事を書いています。

しかし、ドレスを選ぶって本当に、何が必要で、何が大切なのでしょうか?

これを読んでいる方の中に、

結婚準備中で、ドレス選びに困っている方もいる事と思います。

フラワーコーデイネーターという視点からの、アドバイスなので、一つの意見と思って、読んでいただけたら嬉しいです。

まず、ドレスを選ぶ順番ですが、どこで挙式を上げるのか?

これが、一番の要素かと私は思います。なぜか?なのですが、大きな由緒正しき教会で式をあげるのか?ホテルの大きなパーティー会場での披露宴も含めてコーディネートしなければならないドレスなのか?お友達だけのこじんまりしたレストランで上げる為のドレスなのか?デスティネーション(どこか遠くの場所で)ウェディングで挙式を上げるのか、ガーデンなどの、屋外での挙式を考えているのか?それらによって、選ぶドレスのデザインが変わってきます。大ぶりなドレスが会場に似合うのか、スッキリとしたデザインが似合う場所なのか?という風に。という事は、その挙式を上げる場所を好きになる事が大切だと、私は思います。そうすると、スルスルと色な事がスムーズに決まってくるはずです。でも、どうしてもその会場が納得いかず、ドレス選びの際に、何か気持ちが進まない様であれば。場所の変更を一度、考えたらどうでしょう?なんて、思ってしまいます。

きっと、フラワーデザイナーは、

お花をデザインする様に、お客様を、そしてドレスをそして、細かなデティールを、一本のお花の様にそれらの要素を大切に考えてコーディネートしていきます。

 

お花を生ける時に、基本となる器は大切です。そんな視点で会場選びをして、ドレスは一本のお花と考えて。その器とのマッチングで、ドレスを決める。

という、視点もありかなあ?とこれは、ドレスを決めるときの一つのアドバイスです。

次に、ドレスを選ぶ要素は、何の為のドレスなのか?と、いう事です。

ご両親や、ご家族、相手の為に選ぶドレスなのか、自分がドレスを纏っている時の高揚感満足感、お姫様感なんて事も大切です。自分に似合う事は、一番大切な要素ですが、このマッチング、誰の為にこのドレスを選ぶのか?ちょっと難しいとはおもおいますが、ぜひ、この部分を掘り下げて、考えてみていただけると、何か、アイデアが浮かんでくると思います。

さらには、ここのブランドはずっと来てみたかったブランド。とか、も良いかと思います。要は、それは、自分のためのドレスですので、自分を一番に考えたドレス選びは、もちろん、大切な部分です。

最後に、たくさんのドレス屋さん巡りをする予定の方がいらっしゃるならば、まずは、予算をしっかり決めて、予算以上のところは、行かない方が無難です。必ず、高級なドレスショップは、素晴らしいドレスがありますから、他の安いお店の品揃えへの無力を痛いほど感じると思います。

あまり、参考になるアドバイスができたかは不安ですが、まず、ドレス選びの第一歩として、ご自身の置かれている環境に合わせて、素直に、自分に向き合って、大切な一枚を選び抜いて欲しいと思います。妥協は禁物。必ず、自分の一枚が見つかると思って、諦めずに、労力を掛けてください。

ドレス選びは、とても楽しいものです。

何か楽しくない要素が浮上したら、必ず立ち止まってください。これは、結婚式全てを取り巻く、とても良いサインとなるはずです。